【ゴーグルの最強曇り止め】スキー・スノボにアンチフォッグ!!効果と使い方&検証してみた | 雪のち、スキー場にて

【ゴーグルの最強曇り止め】スキー・スノボにアンチフォッグ!!効果と使い方&検証してみた

ゴーグル 曇り止め スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 検証 効果 スノーボード ゲレンデ役立ち情報

スキーやスノーボードの時、不快と感じるのはどんな時ですか?

チョピン旦那
チョピン旦那

ゴーグルが曇った時!!

折角の美しい白銀の世界が台無し…

それだけでなく、斜面の凹凸や周りの人が見えにくくなり危険な事も…

そこで今回は!!!

ゴーグルの最強曇り止め アンチフォグ

通常のレンズの曇り止めの様な液状タイプでは無く、アンチフォグはジェル状。

効果も絶大なのですが、使い方も少々複雑。

もちろん眼鏡やサングラスにも使用できます。

実際にスキーやスノボで使用するゴーグルにアンチフォグを施し効果を検証!!

スキー場で実際にくもり止めを使用した感想を交え、口コミ&レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アンチフォッグって?

ゴーグル 曇り止め スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 効果 口コミ

アンチフォグとは、ゴーグルやメガネなどに1回塗るだけで曇り止めの効果が長く続く強力なくもり止め

液体はジェル状で、乾かした後に拭き取って使用します。

2泊~3泊4日くらいのスキー旅行なら1回の塗布で最後まで効果を感じることが出来ました。

1個でゴーグル何個分の曇り止め効果が得られるのか?

アンチフォグには内容量 5gと10gの物があります。

チョピン
チョピン

私たち夫婦はアマゾンで5gの物を購入!!

5gのアンチフォグ1個で眼鏡30~50個分

ゴーグルに使用しても30回近くは使えるのではないでしょうか。

2シーズン前に購入、スノボの時だけに使用し、まだ使い切っていません。

スキーやスノーボードの時に、ゲレンデに持ってい行ってもかさばらない5gの購入がオススメ!

『アンチフォグ』くもり止めの使い方

塗って伸ばすだけの液状の曇り止めと違い、アンチフォグの様なジェル状タイプの曇り止めは使い方が少々異なります。

慣れてしまえば、難しくも面倒でもありません。

今回は分かりやすいようにゴーグルからレンズを取り外して曇り止めを施していますが、通常はレンズを装着したままアンチフォグを使っています。

1.ゴーグルのレンズを拭く

ゴーグル くもり止め クリーニング スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 検証 口コミ

まずは、アンチフォグをつける部分を拭く。

ゴーグルが入っている袋などでレンズの表面の汚れやホコリをきれいにふき取りましょう。

 

2.アンチフォグを米粒2個分くらい出す

ゴーグル くもり止め スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 効果 口コミ

ゴーグル1面に使用するアンチフォグの量は上記画像くらいで十分。

だいたい米粒2個分くらいでしょうか。

 

3.ゴーグルにくもり止めを塗り込む

ゴーグル 曇り止め スキー 効果 スノボ アンチフォッグ 使い方 レンズ 口コミ

指で伸ばすようにゴーグル面に均等に伸ばしていきます。

 

ゴーグル 曇り止め 塗る 拭き取る スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 眼鏡 検証 口コミ

アンチフォグをあまり多くぬりすぎると、拭き取る時に面倒なので注意しましょう。

画像左側位に薄っすらと伸ばすくらいで十分。

その後、軽く乾いたらティッシュペーパーなどで綺麗にふき取りましょう

眼鏡の場合は表裏の両面にアンチフォグを塗る事が進められていますが、ゴーグルの場合は内側だけで十分ではないでしょうか。

 

ゴーグル 曇り止め 塗る 効果 拭き取る スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 眼鏡 完成 口コミ

アンチフォグが目視で残ってない位に拭き上げたら完成!!

曇り止めを施す前と見た目はほとんど変化ありません。

ゴーグルは曇らないのか?曇り止め検証

ゴーグル くもり止め 塗る 拭き取る スキー スノボ アンチフォッグ 使い方 眼鏡 湯気で検証 口コミ

ゲレンデで、フェイスマスクやネックウォーマーとゴーグルを併用している時、呼吸でゴーグルが曇ってしまう事ってありますよね?

ここでは、それよりも強力なお湯からの湯気をアンチフォグを施したゴーグルに当てて検証していきたいと思います。

※白皿の中には沸騰したばかりのお湯が入っています。

ゴーグルレンズに向かって、右側にだけ曇り止めを施してみました。

チョピン旦那
チョピン旦那

その効果は歴然!!

湯気を浴びてもアンチフォグを施した部分は全く曇りません。

暫く続けてもこの効果は続きました。

フォグストップ・スリムをスキー場で併用

ゴーグル 曇り止め スキー スノボ フォッグストップ 使い方 検証 スキー場 スノーボード

 

チョピン
チョピン

フォグストップ・スリムとは、メガネ拭き用のクロスの様な物

使い方も手軽なので、スキー場でゴンドラの中などでサッとくもり止めをゴーグルやサングラスに施すことが出来ます。

フォグストップ・スリム1枚の使用で約50~60回使用可能。

かなり経済的です!!

フォグストップ・スリムの使い方

  1. 眼鏡やゴーグルの汚れをクリーナー等でふき取る
  2. フォグストップ・スリムで拭き上げる

※ハァーっと息を吹きかけながら使用するとさらなる効果が!

スキーやスノボのウエアのポケットに忍ばせておくと効果絶大です!!

ゴーグルの最強!!曇り止め「アンチフォグ」まとめ

ゲレンデでスキーやスノーボードをする時、一番イライラするゴーグルの曇り!!

これを解消するために今回は、筆者が最強と思う曇り止めアンチフォグ』を紹介しました。

この曇り止めをゴーグルやメガネなどに施していれば、3泊4日くらいは効果が継続しているように感じました。

ゴーグルの曇りの原因は、フェイスマスクによる吐息からの曇りなど様々。

完璧にゴーグルの曇りを取り除くくもり止めは存在しないと思うのですが、色々と使用してみてこのアンチフォグが圧倒的に最強!!

ゴーグルの曇りに悩まされている方!!

楽天やアマゾン等のネット通販を使えば簡単に購入可能
価格も安く経済的なので一度試してみる事をオススメします。

タイトルとURLをコピーしました